プロフィール

HITO

Author:HITO
こんにちは、私は HITO です。
年々、乾燥肌などの肌トラブルの増加に悩み、スキンケアの基礎を勉強するようになりました。私が知らなかった驚きがたくさんあったので、スキンケアについての私の知識と一緒に、有用な情報を提供するためにサイトを立ち上げました。

最新コメント

肌を美しくする方法の一つとして、肌の新陳代謝、または「ターンオーバー」、を保つことが重要です。



肌は私たちの体と同様に新陳代謝を繰り返しています。



その代謝が遅れると、皮膚の問題を引き起こす可能性があります。



今日は、ターンオーバーがどのようなものでスキンケアの基礎でもあるのかをご紹介します。



新しい細胞へと変わっていくターンオーバー


ターンオーバーは、皮膚の最も外側のわずか0.2 mmの表皮で行われます。



ターンオーバーは表皮の最も下の基底層から始まります。



基底層で産生されたケラチノサイトは、後に産生されたケラチノサイトによって押され、そして夕棘層→顆粒層→角層へと上昇します。



そして結局それは垢になりはがれ落ちます。



ここまでのプロセスは約28日間で繰り返されます。



皮膚の状態などで、代謝回転サイクルには個人差があります。



さらに、期間は年齢とともに延長され、周期は40代から約55日に延長されます。



ターンオーバーが遅延されるならば、角層は厚くなりそしてその透明性を失い、くすみを引き起こすかもしれません。



逆に、周期が短すぎてはいけません。



ターンオーバーが速いと、ケラチノサイトは各層の表面に未熟で現れてしまいます。



未熟細胞の場合、皮膚の保護機能は弱く、乾燥肌や炎症など様々な皮膚の問題を引き起こします。


通常のサイクルのターンオーバーの肌


ケラチノサイトは約28日かけて角質に到達します。



成熟して並んでいるので、その保護機能は高く、良好な状態です。



紫外線によってメラニン細胞から作られるメラニンを含む細胞は、沈着する前に落下するので、シミになる可能性が低いです。


周期の長いターンオーバーの肌


運動不足、喫煙、ストレスなどがあると、加齢による代謝回転サイクルが長くなります。



角質層が厚くなると、透明感がなくなりくすんできます。



さらに、メラニンの色素沈着が進行し、それがしみを引き起こすので、注意してください。


より短い周期のターンオーバーの肌


ターンオーバーの周期は、紫外線などの外部刺激の影響、強力なクレンジングや洗顔料での過剰洗いのために短くなります。



肌の保護機能を弱め、赤ら顔や乾燥した肌を引き起こす可能性があります。



まとめ


どう思いました。



美しい肌の基本でもあるターンオーバー。



通常のターンオーバーを維持することも美肌になるための方法です。



ターンオーバーのサイクルを妨げないライフスタイルを心に留めておきましょう。
スポンサーサイト



2019/07/17 21:17 肌の仕組み TB(-) CM(-)

今日は「菌」の物語でもあり、それはまた美しい肌になる方法の一つです。



え?皮膚と菌の関係は?



私が思うことです。



実際、多くのバクテリアが人々の顔に付着しています。



もちろんあなたの顔でもあります。



そしてその菌は私たちの肌を美しく保つために重要な役割を果たしています。



バクテリアといえば、体に良くない汚れやイメージがあると思いますが、そうではありません。



これもスキンケアの基本ですので、必要に応じて最後まで読んでください。



美肌に重要なスキンフローラとは何ですか?


人体には約100兆個のバクテリアが存在します。



それらの約80%が腸内細菌です。



そして、全身の皮膚には約1兆個が存在し、そのうち約80万個が顔の皮膚に付着しています。



それは「皮膚常在菌」と呼ばれています。



これらの皮膚常在菌の活性は、皮膚のつやを生み出し、そして皮膚の保護機能を高めます。



このような皮膚常在菌には、「善玉菌」と「悪玉菌」の2種類の細菌が存在します。



これら2種類のバクテリアは互いに作用してバランスを保ち、肌に良い状態を作り出します。



善玉菌の代表としては「表皮ブドウ球菌」が、悪玉菌の代表としては「アクネ菌」があります。



アクネ菌はニキビの原因となることが知られていますが、それらは通常あなたの肌にも存在します。



善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れていない限り、アクネ菌もスキンケアに必須の菌です。



このように、肌のためにバランスのとれた方法で住みついている皮膚常在菌は、「スキンフローラ」と呼ばれます。



スキンフローラにおける正常な皮膚細菌の役割は、皮膚の保護成分を作り出し、皮膚を弱酸性に保ち、外部の病原体を引きつけないようにすることです。



また老化防止の基礎である抗酸化物質を分泌します。



間違ったスキンケアに注意してください!


スキンケアのためにバランスのとれたスキンフローラを維持するように注意を払わなければなりません。



誤った洗顔やクレンジングなどのスキンケアが多すぎます。



基本的に、ほとんどの皮膚常在菌は洗顔やクレンジング中に洗い流されます。



そうであっても、洗い流されずに毛穴に残った通常の皮膚細菌は洗顔後に出る皮脂を餌にすることによって増加し始めるので、スキンフローラは元の状態に戻ります。



あまりにも多くそれをこするか、またはあまりにも多くそれを洗うならば、あなたは皮膚の最も外側の皮脂膜の「ケラチノサイト」とその間を埋める「細胞間脂質」さえ落とすかもしれません。



もしそうであれば、あなたの肌は乾燥し、皮脂は簡単には出てこないでしょう、それで増加されるべきである普通のバクテリアの数の増加はありません。



この状態が続くと、皮膚を保護する機能が働かず、炎症などの皮膚刺激を引き起こし、悪いバクテリアによって支配されます。



言い換えれば、アクネ菌が増加するので、にきびを引き起こす可能性があります。



まとめ


どう思いました。



バクテリアはある種の悪いイメージを持っているかもしれませんが、良いバクテリアと悪いバクテリアのバランスのとれたスキンフローラはあなたの肌を美しい肌に導くのに重要な役割を果たしてくれます。



基本的なスキンケアの知識を知ることはまた美しい肌を得るための方法です。



健康的なスキンフローラを毎日維持してください。
2019/06/22 22:49 肌の仕組み TB(-) CM(-)

あなたは美しい肌であるために毎日スキンケアをしますか?



今日は、重要な肌の構造と働きについてお話します。



これを知ることはあなたがスキンケアについて考える方法を変えるかもしれません。



皮膚は大きく3つの層に分かれています。



外側から皮膚の「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の三層構造です。



それぞれの厚さは、表皮では約0.2mm、真皮では約2mm、皮下組織では頭、額お、鼻で約2mmであり、その他の大部分は4mmから9mmです。



これらの中には、血管、リンパ管、毛穴、汗腺、皮脂腺などがあり、それらは複雑に機能しています。



そしてこれらの中で、「表皮」と「真皮」は美肌と大いに関係しているものです。



ほんの数ミリのこの層で、あなたの肌が美しいかどうか決定されます。



スキンケアだけでなくあなたの肌をよく知ってみましょう



表皮のしくみ


表皮はさらに、最も外側から、角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分けられます。



表皮の主な役割は皮膚を保護することです。



外側から、刺激や有害物質の侵入から保護し、内側から湿気を保ち、乾燥するのを防ぎます。



最下の基底層から分裂する細胞は角質細胞と呼ばれます。



角質細胞は基底層で絶えず分割されて形成されているので、先に形成された角質細胞は上層に押し上げられ、角質層に到達し、そして最後に剥がれ落ちます。



これはターンオーバーと呼ばれます。



通常のターンオーバー周期は、20代で約28日、30代で30代で約45日、40代以降で約55日かかり、加齢に伴って周期はますます長くなります。



周期には個人差があり、肌の状態によっても変わります。



年齢による参考とお考えください。



空気が触れている最も外側の角層の厚さは約0.02mmであり、厚さはラップ1枚ほどです。



厚さというよりは薄さです。



そしてこの角質層では、約14〜20層の扁平になった角質細胞が重なり合っています。



角質細胞間では、主に湿った成分のセラミドからなる細胞間脂質が隙間を埋めます。



隙間なく並べられた状態で、外部からの刺激や水分を内側から保護する役割を果たします。

基底層にはメラニン細胞と呼ばれる細胞があり、それらは紫外線から内皮を保護するためにメラニンを合成します。



紫外線に過度にさらされると、メラニンが大量に合成され、ターンオーバーが妨げられると、色素沈着が起こり、シミが生じます。


角化(ターンオーバー)とは


表皮の最も内側の基底層では、細胞分裂によって毎日新しい角化細胞(ケラチノサイト)が生まれます。



ケラチノサイトは主にケラチンというタンパク質からなっています。



ケラチノサイトは、あとから分裂して表面の角質層に向かって移動する細胞によって押し上げられます。



それが角質層に達すると、それは平らな形で約14〜20層から形成される角質層細胞に変形する。



それから角質層の最外部に到達するのに約2週間かかり、それは垢となり自然に落ちていきます。



そしてこの繰り返しは「角化(ターンオーバー)」と呼ばれます。



正常な皮膚は、細胞が形成され最後に脱落するまで約28日の周期です。



加齢とともに、角化サイクルは長くなります。



周期も肌の状態によって変わります。


過角化とは


角化が遅れると、角質層が剥がれにくくなり、固い肌になります。



この状態は「過角化」と呼ばれます。


錯角化とは」

逆に、角化が加速すると、角質細胞は未成熟状態で角質層に達してしまいます。



これが起こると、肌をしっとりと保つことができず、それは乾燥肌を引き起こすでしょう。



それは「錯角化」または「不全角化」と呼ばれる状態です。


真皮のメカニズム


真皮は約2 mmの厚さで、皮膚を支える働きをします。



真皮は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの主要成分で構成されています。



3つとも水分を保つ成分です。



中でもコラーゲンは約70%を占め、真皮の中に網目状の構造をしています。



そしてエラスチンはこのコラーゲンを束ね、弾力性を保ちます。



最後に、ヒアルロン酸はゼリーのように水分をたくさん貯め、コラーゲンとエラスチンの間の隙間を埋めます。



そしてこれらの成分を作り出すのが線維芽細胞と呼ばれる細胞です。



線維芽細胞が正常に機能していると、肌の水分は保たれ、ハリと弾力は保たれますが、老化などの肌の問題で機能が低下すると、しわやたるみが生じます。



それ以外に、真皮の機能は、毛細血管から栄養分と酸素を受け取り、二酸化炭素などの老廃物を排出する役割を果たします。



また、血管の伸縮は体温調節としても働きます。



皮下組織メカニズム


三層構造の底部には皮下組織があります。



皮下組織は、頭部、額、鼻などで約2mmであり、それ以外のほとんどは4mmから9mmあります。



主な機能は、外部からの刺激から保護するためのクッションの役割と体温を一定に保つ役割です。



ほとんどの成分は脂肪細胞です。



血管とリンパ管が通り抜け、毛細血管は真上の真皮に分岐します。



そして真皮と栄養、老廃物を交換します。



まとめ


どう思いましたですか。



肌の働きを知ることもスキンケアの基本です。



肌と話すようにスキンケアをすることで、あなたは自分自身の美意識にもっと目覚めます。



肌に関する基本的な知識を深め、自分に合ったスキンケアができるようにしましょう。



美容スキンケアで美しい肌を手に入れましょう。
2019/06/09 11:37 肌の仕組み TB(-) CM(-)

あなたが「たるみ」や「ほうれい線」を心配し始めたら、笑うのをためらうでしょう。



あなたの素晴らしい笑顔になるはずなのに



たるみやほうれい線は皮膚の問題でもできるだけ早く対処しなければならない問題の1つです。



他の問題とは異なり、それは突然には現れませんが、少しずつ進行するので、自分自身で気付くことは困難です。



たるみが進行するにつれて、頬の毛穴は楕円形または涙形になってきます。



頬の毛穴の形がこんな感じになったら、顔全体のたるみが進み始めた証拠なので気を付けましょう。



そもそも「たるみ」の原因は何?


たるみの原因は皮膚の弾力性の喪失と脂肪細胞の肥大であると言われています。



皮膚の真皮層中のコラーゲン、エラスチンおよびヒアルロン酸は老化と共に劣化または減少するので、皮膚の弾力性は低下してしまいます。



そして、通常脂肪細胞を分裂させることができるはずが、加齢に伴う代謝の減少およびさらに脂肪の増加のために細胞を分裂させることができずに細胞自体が大きく成長するという事実によって脂肪細胞の肥大が引き起こされます。



脂肪細胞がますます大きくなるにつれて、その体重を負担することができずに垂れ下がるでしょう。



それがたるみの正体です。


「たるみ」はどこに現れますか?




典型的なものとして、頬のたるみによって現れるほうれい線は最も顕著なたるみですが、実際には、たるみは顔全体に発生します。



顔の各部分に現れるたるみを紹介します。


まぶた

年をとるにつれて、まぶたを支える筋肉は落ちて伸び、そしてあなたの脂肪は落ち、垂れ下がらせます。



また、紫外線による乾燥も原因の一つです。



花粉症やアレルギーのために目をこする習慣がある場合は、まぶたの皮膚を傷つけ、乾燥することもあります。


目の下


目の下のたるみは、目の下に影ができて黒いクマのように見えるため、「黒クマ」とも呼ばれます。



目の下のたるみは、目の周りの筋肉の衰えと肌の弾力性の弱まりによって引き起こされます。



皮膚の真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減ることによって、中空になります。



もともと肌の薄い部分なので、乾きやすいところです。


フェイスライン(二重あご)


猫背で姿勢が悪く、そして食べ過ぎて肥満になりますと二重あごの原因となります。



その理由のひとつは、硬い食べ物を食べないことです。



さらに、リンパ液の流れが悪く、老廃物がうまく排出されず、二重顎ができます。




首も体ので、皮膚が薄いところです。



コラーゲンの減少により、たるみがしわとして目立つところです。


頬(ほうれい線)


頬の垂れ下がりはほうれい線につながります。老け顔に見える原因です。



肌の弾力性は、乾燥やコラーゲンの現象によって低下し、頬の脂肪はそのまま垂れます。



そして頬が垂れ下がっているので、口の周りのほうれい線が目立ち、老け顔に見えます。


毛穴


肌の弾力性が減ることで、毛穴が開いて垂れ下がり目立つようになります。



毛穴が垂れ下がるにつれて、楕円形または涙形になります。



これらの毛穴がくっつくと、しわへと進行することになります。



「たるみ」を事前に防ぐことはできない?どうやって改善できますか?


たるみは、加齢とともに発生する自然現象です。



ただし、このたるみの発生を防止または改善する方法があります。



肌の弾力性を失わせないように、肌を乾燥から守ってください。



紫外線も乾燥を起こしますので、日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策をしましょう。



また、抗酸化成分を含むスキンケア美容液でしっかり保湿しましょう。



脂肪細胞の肥大を避けるために、食べ過ぎに注意してください。



ただし、急速なダイエットはたるみを引き起こす可能性があることに注意してください。



バランスのとれた健康的な食事でビタミンやミネラルを摂取し、コラーゲンを失うことを避けてください。



定期的に運動をすることで、リンパの循環が良くなり、二重あごがなくなります。



あなたのライフスタイルはあなたの肌にも影響を与えますので、喫煙しないように注意してください。



そして姿勢も重要です。



普段から背中を意識して姿勢を修正してください。



まとめ


どうだったですか。



たるみの原因、予防、改善について紹介しました。



他の皮膚の問題とは異なり、たるみやほうれい線はあなたの知らないうちに進行します。



年齢による自然現象であるためあきらめる代わりに、それを予防し改善することによって実際の年齢より若い年齢を保つことが可能です。



美肌を維持するための基本的なスキンケアの正しい知識を習得しましょう。



美容スキンケアでたるみに負けない美しい肌を得てください。
2019/05/18 20:59 ほうれい線 TB(-) CM(-)

本当に乾燥肌が好きではありません



もともと私がこのサイトを始めたのは乾燥肌に悩んでいたからです。



乾燥肌には多くの原因があります。



そもそも原因がわからないと、乾燥肌がいつまでも治らないことがあります。



今日はそのような乾燥肌の原因とスキンケアによる対策についての物語です。



乾燥から守るための肌の機能と構造について


ヒトの皮膚の構造は、外側から順に「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層に分けられます。



真皮および皮下組織はそれぞれ約2mmであり、そして最も外側の表皮はわずか0.2mmなんです。



最も外側の表皮のうち、さらに最も外側の層は角質層です。



角質層はなんと0.02 mmで、厚さはラップ1枚ほどです。



この最外層の角質層は皮膚の保護機能を果たし、乾燥防止などの役割を果たています。



空気が接触する角質層の最も外側には「皮脂膜」があり、皮脂膜は皮膚表面からの水分の蒸発を防ぐ働きをします。



皮脂と汗が混ざった膜です。



そして角質層には、「ケラチノサイト」とそれらの細胞との間の隙間を埋めるために「細胞間脂質」が存在しています。



細胞間脂質の主成分はセラミドであり、これは角質層の保湿機能の大部分において重要な役割を果たしているのです。



最近多くのサプリメントが各スキンケアブランドから出てきて、しばしば「飲むセラミド」と言っています。



この水分を保持する機能が低下すると、ケラチノサイトの水分量が減少し、肌が乾燥します。



角質層が乾燥して皮膚を保護する能力が低下した場合、それはより多くの角質層を形成するように働くのです。



完全に角質化することができない新しい細胞は、細胞を急いで作るので皮膚の表面に出てくるでしょう、ますます保護機能は低下するでしょう。



そして乾燥肌はますます進行し、悪循環になります。



乾燥肌は他の肌の問題の原因?


乾燥肌が進行するにつれて、乾燥を保護するために角質層が肥厚します。



角質層が厚くなると、代謝サイクルが乱され、これが真皮に影響を与えます。



肌が弾力を失うと、しわになり垂れます



真皮には弾性繊維であるコラーゲンとエラスチンがありますが、これらを作る量は少なくなります。



弾性繊維の減少はしわおよびたるみを引き起こします。



皮膚のたるみも毛穴が目立つことにつながります。



さらに、代謝サイクルの乱れもまた、角質層におけるメラニン排出を阻害し、そしてシミの増加を引き起こします。



乾燥に加えて、常在の皮膚細菌のバランスが乱され、ニキビ細菌が増加し、ニキビや吹き出物が生じます。



このように乾燥肌は、ほとんどの肌の問題を引き起こす可能性がある厄介な存在です。



乾燥肌の原因は紫外線だけでなく、洗顔やクレンジングにもあります


それではそもそも乾燥の原因は何でしょうか?



紫外線は肌の乾燥の原因としてよく知られています。



日焼け止めなどの紫外線防御は、シミだけでなく乾燥肌にも必要な手段です。



さらに、睡眠不足、運動不足、ストレス、不当なダイエットなどは、皮膚の代謝サイクルの障害を引き起こし、乾燥肌の促進につながります。



しかし、乾燥肌につながる他の原因もあります。



それはクレンジングや洗顔の際に間違ったスキンケアにあります。



誤ったスキンケアは、こすりすぎぎたり、落としすぎたりすることを意味します。



高い洗浄力でクレンジングするのが普通で速いところをに長い時間がかかってしまって、そしてそれはそれが皮脂膜と細胞間脂質のような湿った成分さえ洗い流してしまったからです。



また、洗顔時にお湯の温度が高すぎると溶けて流れるので注意が必要です。



そして、クレンジングか、または洗顔のとき、必要以上に皮膚をこするならば、角質層は傷つけられます、そして、あなたの皮膚の中の水分は容易に蒸発します。



肌はもともと回復機能を持っていますが、そのようなクレンジングと洗顔を繰り返すと、その回復機能が追いつくことはできません。



その結果、乾燥肌へと進みます。



乾燥肌対策のためのスキンケア


乾燥肌で気をつけなければならないのは、あまり洗いすぎないことです。



保湿をする皮脂膜などを洗い流しすぎると、ローションで湿らせてもすぐに蒸発してしまいます。



あまり洗いすぎないように注意してください。



そして細胞活性化効果を含むローションを使用しましょう。



皮膚の細胞を活性化することによって、ケラチノサイトと細胞間脂質の保湿性が高まります。



また、肌の水分が蒸発するのを防ぐのに欠かせない皮脂膜を作るためには、肌の常在細菌のバランスにも注意を払う必要があります。



皮脂膜は、良いバクテリアが優勢であるという事実によって作られています。



セラミドやコラーゲンなどの保湿成分は外部から与えられるだけでなく、飲むスキンケアで内部から摂取することも効果的です。



肌の内側から潤いを与える機能を引き出しましょう。



そして、日常的に紫外線対策を徹底しましょう。



日焼け止めを塗るだけでなく、飲む日焼け止めもとても便利です。



持ち運びが簡単で、体の内側から全身への効果が期待できますので、塗りムラの心配はありません。



夏季の室内の冷房や冬季の湿度管理に留意してください。



できるだけ湿度を50%以上に保つように注意してください。



喫煙とストレスは体内で活性酸素を生成し、それが老化と乾燥を引き起こします。



喫煙を控え、ストレスが増えないような生活を心がけてください。



睡眠不足はだめですよ!



ゴールデンタイムを逃さないように、決められた時間に早く寝て、寝ている間に紫外線でダメージを受けた肌を修復しましょう。



適切な運動などを取り入れることで、血行が良くなり、肌に必要な栄養が行き渡るようになるので、あまり運動していない人は軽いウォーキングなどをするべきです。



まとめ


どうだったでしょうか。



乾燥肌には、紫外線防御と生活習慣改善が非常に重要です。



ただし、それだけでなく、毎日の洗顔などで誤ったスキンケアをしていないか、もう一度確認しましょう。



美容スキンケアであなたも乾燥に負けることのない美肌を手に入れましょう。
2019/04/29 21:03 乾燥肌 TB(-) CM(-)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR